忍者ブログ
がんばろうニッポン!
about

*古都徒然草*

Writer:佐藤

仙台市出身、2年間の関東生活を経て、2009年から念願の京都暮らしを開始。ホームは勿論、アウェイも津々浦々。
代表は(松井大輔次第で)行けたら行ってます。

2003年の暮から細々と書き綴っています。
2010年、超不定期更新中。

ツイッターでは、サンガのことだけでなく、サッカー、近現代文学、スピッツのことなどいろいろとつぶやいてます。
しばらくは日々のつぶやきをまとめたブログになってしまっています。すみません。。
ツイッターID kttsr_satoh
[11]  [10]  [9]  [8]  [27]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

京都 3-0 山形
京都)倉貫、プウ、パフェ

仙台に帰って見ました。
slingboxですがねーどうもうちのルータが古くてUPnP未対応らしくネットにつなぐ段階でファビョりましてね。そんでHelpボタン押すと全部英語で出てくるんですよ解説が。日本語版もあるんですがいちいちソフト立ち上げてキーワード検索したりしないといけないんすよ。しかも設定画面が翻訳のためか日本語尻切れになってたりしてね。格闘してます。スカパー少しはサポートしてくれろ。売りっぱなしかい

3-0と言っても全く快勝とは言えませんね。2-2にも5-0にもなったゲームだとは思いますが。なぜ後半10分あたりから徐々に足が止まってくるのか。集中が切れてくるのか。うーん。完全に山形のペースでしたねそのあたりは。それからDFとボランチの距離感ってのはどう決まりごとがあるんですかね。試合終了後斉藤がだいぶげっそりしてたけども。斉藤には後ろよりもむしろ前線を気にしていて欲しいですね(1Qヴェルディ戦のような駆け上がりも見たい)。角田・チアゴは斉藤がいちいちカバーに戻らなくてもいいように二人で担当を決めて、両ボランチとコンタクトをとって欲しいものですが。1点目も2点目もボランチのプレスから生まれた得点でした。二人にはずるずる下がりすぎることなく常に相手選手、ルーズボールにアラート敏感でいてほしいものですね。


で、なんと言っても倉貫。やばい。素晴らしい。1点目、あの状況のどこが「狙ってたんじゃなくてサボってた」んだかわかりませんな笑 QBKにならないのはその集中力の高さゆえでしょう。ボール持ったときにこんなにわくわくさせる選手は久しぶりですわ。釘付けですよ。プレーはもちろん、メンタル面でもチームの支柱ですよもう。練習後のミーティングとか。本当素晴らしい。いろいろと若手に叩き込んで欲しいですね。そしてあくまでも「いつも通り普通に」。笑 素晴らしい。

鳥栖戦は面子変えてくるかな?あるとしたら徳さん→パフェか?やっぱりフルパワーの徳さんが見たいですね。とりあえず無難に前半大剛ってのもありでしょう。

<今日の松井>
前半
りっちゃんが「来る予定だったんですけど来てませんねえ」

試合終了後
偉そうな体勢で井原と談笑

雨止んだから来たのか?笑

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
スタナビ
J'sGOAL「スタナビβ」
さとう@京都で投稿しています。
twitter

ブログ内検索
カウンター
バーコード
忍者ポイント広告
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]